講師としてアルバイト

塾でアルバイトを行おうと考える時、どのような仕事をするかチェックする機会もあるでしょう。 実際に塾講師としてアルバイトを行おうとする前に、着実に確認すべきこともあります。 まず授業の形をチェックしていき、個別授業なのか集団授業なのかを確認する必要があります。 そもそも個別授業というのはマンツーマン指導となったり、1対2の体制になることがあります。 非常に少数な授業となりますが、生徒の周りをチェックしながら指示を与えていったり指導を行います。

その一方で集団授業というのは、学校の授業と同じように授業を行っていきます。 全員生徒は前を向いて、黒板もしくはホワイトボードなどを利用して解説していきます。 手当なども変わっていきますので、事前の確認は非常に重要です。 集団授業だと7倍以上も難しいといわれており、準備時間も非常にかかってしまいます。 時給がいいからと選ぶのは危険と言えるでしょう。

その一方で家庭教師として働いていく時には給料が発生するタイミングなどを理解しておきましょう。 大半は派遣会社へ登録をしながら家庭教師を行っていきますが、チェックしなければならないポイントとしては、 アルバイトとしてもらえる時給や教務に関する派遣会社のフォロー体制、そして退会時における対応です。 家庭教師センターを選択していく時でもチェックするポイントは変わりません。 大体家庭教師の登録を行おうとする人は共通して気にしている点なので、確実に確認をしていくようにしましょう。

【外部リンク】
塾講師のバイトを探す時にお役立ち情報があるので参考になります →→→ 塾講師のバイト

最新記事