勤務体制もチェック

時給や手当などでどうしても不満を覚えてしまうアルバイトも少なくありません。 それは塾講師や家庭教師でも同様で、今後も続けられないという時には辞めるという選択肢も必要になっていきます。 そんな時にきっちりと辞めていくことができるかを事前にチェックしておきましょう。 アルバイトでも契約書を確認することがあり、生徒の指導において卒業までしっかりと面倒を見ることもあります。

理不尽な内容であれば気をつけなければなりません。 あくまでも求人などで広告をチェックして、手当などが高いと判断して申し込むのは止めておくといいでしょう。 家庭教師というのは、基本的には委託契約となっています。 雇用契約もありませんので、委託契約の内容をチェックして進めていくことが一般的となっています。

注意したいのが源泉徴収を一切行われないため、税務申告が必須となります。 派遣先もすぐには決まらないというケースもありますので、内容は定期的にチェックしていきましょう。 給与については教えていく生徒の学年であったり、各派遣会社などで決めている指導内容、さらに指導経験で決まっていきます。 受験を控えている中学もしくは高校3年生だと結果を求められることが多く、時給が高くなっていく傾向です。

最新記事