契約内容に注意

塾は講師として仕事をしていく時には、アルバイトとはいえ圧倒的に高時給といわれています。 しかし実際に塾講師のアルバイトの給料を見ていくと、授業内だけしか発生しないと考えていていいでしょう。 授業外となると一切時給などが発生しなかったり、事務給という形で僅かな手当が出てくるといったものがほとんどとなっています。 授業外において給料を発生させていく時には、事前に必ず書類などで情報を明確に記載しています。

どうしても書いてない時には確認をしていき、間違いなく手当などをもらえるかチェックしておきましょう。 契約書では色々な内容が記載されていますので、形式張っているからと面倒くさく見ないようにしましょう。 覚書も各塾で細かく作っていますので、正式に採用した後でもチェックしておき、 その後契約書を交わしていくようにすると失敗する確率が低くなります。

条件を書面で明確に説明しているため、納得をしてから仕事をスタートしていくようにしましょう。 契約書の作成を拒んでいる時には契約をしない方がベストです。 そしてトラブルになってしまうことも考えていきながら、家庭教師の契約内容を把握しながらサインをしていくことが重要です。 そして日程についてドタキャンをされないように、当日キャンセルの内容などを伝えていくようにしましょう。

最新記事